スリランカ北端、ジャフナ諸島の生活日録。
by imanariayako
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Go to Kilinochchi !
b0011956_1572647.jpg
仕事の用事でキリノッチに行った。ジャフナの街から車で2時間ほど、A9ロード(ジャフナからスリランカの中部まで一直線に延びている幹線道路)を下ったところにある。いわゆる「反政府組織」、LTTEの本拠地。LTTEって、ブリタニカではこんな風に解説されている。アメリカに言わせれば、紛れもないテロ組織で、自爆テロだとか、チャイルド・ソルジャーだとか、いかにも悪い奴~な言葉とセットで語られることが多い。

そのLTTEの行政・経済・軍事の中枢が、ここキリノッチ。
でも、その血なまぐさいイメージに反して、LTTEの本拠地があるキリノッチは、道路はきれいに舗装されているし、清掃も行き届いている、清潔で活気溢れる街なのです。街の市場はいつ行っても賑わっていて、住んでいる人たちの表情も明るい。

こういうギャップを感じると、「LTTEが単なる暴力集団?悪の根源?」と、またこういうところで首をかしげたくなってしまう。だって、今スリランカ政府の支配下にあるジャフナの方が、どこにいっても銃をかついだ政府軍兵士が歩いていて(笑顔はかわいいのに)、ハイセキュリティーゾーンとかいう写真撮影も禁止の重要警備地域が至るところにあって、よっぽど窮屈に感じることが多い。
ジャフナはタミル人地域で、LTTE誕生の地でもあるから、政府軍の監視が厳しいのだ。
私たち、外国人に対しては、スリランカ政府軍兵士もやさしいけれど、地元のタミル人の話を聞くと、兵士に対して良い感情を抱いている人はほとんどいないようだし・・・。
LTTEのやり方も過激すぎてついていけないことは多々ある。でも、ジャフナのタミル人をこんな風に武力で押さえ続けているスリランカ政府軍のやり方には、どうしても同感できないなぁ。
(Photo: A9 road)
[PR]
by imanariayako | 2004-08-19 01:57 | スリランカのこと
<< お隣のスパ Movie Night >>