スリランカ北端、ジャフナ諸島の生活日録。
by imanariayako
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:Tsunami( 5 )
PARC WEB
みなさまこんにちは。

今後、ジャフナの津波後の状況に関しては、PARCウェブサイトに連載していきますので、そちらをご覧ください。よろしくお願いします。
[PR]
by imanariayako | 2005-01-08 21:04 | Tsunami
Emmergency Relief
大災害が起きたときの緊急救援って、人々が忙しく走り回って、薬とか食糧とか、洋服(主に古着)とかを避難キャンプで配ったり、医者はいるけど薬が足りなかったりして、とにかくみんな物資調達に奔走するものかしらん・・・となんとなくイメージしていた。

今、たまたま大災害の被災地に居合わせて、
たまたま緊急救援に関われる立場にあって、
ほんとにたまたま被災地で救援活動をしている。

そこで実感として知ったのは、緊急救援という言葉は、私が考えていた以上に、いろんな活動と要素を含んでいるということ。

今回のような災害の場合、被災者は多くのものを失っている。
ひどい人になると、家族も家も漁具もなにもかもなくしている。
人によっては、家族全員無事で、家も掃除をすればまた住める状態だけれど、漁具は全部だめになった、という場合もあって、被害の程度は様々。

そういう、いろんな状況の人々が、今はキャンプで共同生活をしている。
キャンプは、学校の施設を使用しているところが多い。
小学校の一つの教室(8畳ほどのスペース)に、5家族が一緒に寝泊りしていたりする。

薬や食糧、水などの救援物資は、いち早く届き、今のところ足りているということ。緊急に大量に必要とされているのは、井戸水を浄化する塩素など。

そういう、今まさに必要とされている物資が、「どれくらい」ひつようで、「誰」が調達するのか、をきっちり分担する作業も、緊急救援の大切な側面だ。

ジャフナには、23の国際機関・NGOと、50以上の現地NGOが存在している。それがみんな、同じような物資を大量に持ってくることのないように、団体間のコミュニケーション、情報共有が混乱を防ぐ要となっている。その大事な情報共有をするために、緊急救援の傍ら、毎日いろんな会議が開かれている。

各団体の代表にとっては、キャンプを回る時間よりも、ミーティングをしている時間の方が多いかもしれない。それくらい、毎日、各団体が顔を突き合わせて、情報の更新をしている。

PARCは、セワランカ(全国規模で展開しているスリランカの現地NGO)から要請を受けて、女性の生理用品をキャンプに提供した。それから、下着類も必要とされている。
洋服は、古着でしのげるけれど、下着はさすがに古着というわけにはいかない。津波で逃げてきた女性たちは、その時に履いていた一枚の下着しか持っていなかったので、新品の下着の供給が急がれた。

今まで、あまり考えたこともなかったけれど、そういえば、そういうものって必要だ。
私も、例えば家が突然なくなったりして、避難所生活をすることになったりした時、「他にないんだから古着の下着で我慢しなさい」とか言われたら、だったらノーパンでいいですよ!くらい思うもの。

ちなみに、ジャフナ漁村の男性は元々ノーパン派多し。

それから、緊急救援というと、避難キャンプへの物資供給ばかりを想像していたけれど、避難民が家に帰れるように家屋を再建したり、生活の糧を再び得られるように、漁具や家畜を分配したりするのも、緊急救援の一端・・・というか大部分を占めている。

災害の死者数などがだいたい確定してくると、関連報道も減ってくる。見ている方も暗いニュースは気が滅入るし、なんとなく災害のことは忘れていく。でも被災地は、報道がなくなってからが正念場。

ほんと、これから長いなぁー。
[PR]
by imanariayako | 2005-01-06 23:24 | Tsunami
A Happy New Year!
b0011956_2392879.jpg

避難民キャンプの中で料理を手伝う女性
カレーに入れるココナッツを削っている

辛い状況にあっても、キャンプの至るところで笑顔に出会う。
頭に包帯を巻いていた若い女性も、挨拶をすると、
無理に作るでもなく普通に笑顔を返してくれる。
子供たちは、キャンプの中を楽しそうに走り回っている。
知り合いに会うと、皆一様に再会を喜び、
涙を浮かべながらも、笑顔でキャンプ内の自分たちの
場所に案内してくれる。

援助関係者の多くも、冷静な目と、明るい表情で、
支援にあたっている。

ジャフナには、元々NGOや国連が入っていたこともあって、
支援は比較的スムーズに進んでいる。各団体のスタッフは、
以前から顔見知りで団体の性格も把握してるため、津波後
すぐに緊急ミーティングが開かれ、担当分野が割り振られた。

31日の大晦日の夜は、UNHCRの友人、Billyの家に集まって、
カウントダウンをした。
今はジャフナにいる援助関係者の多くが、
津波後の復興活動にあたっていて、昼間は激務に追われている。

それでも、31日の夜は15人ほど集まった。
簡単なパスタを作って、誰かがケーキを持ち寄って、
津波以来、久しぶりにみんなで食べて、飲んで、
楽しい時間を過ごした。

他の友達からも、Happy New Yearメールが届いた。
スリランカの友達からのメールは、どうやって作ったの!?
と不思議に思うくらい凝っていて、楽しい。

新年明けましておめでとうございます!
[PR]
by imanariayako | 2005-01-02 04:07 | Tsunami
これから
b0011956_22411067.jpg

ここには魚マーケットの建物があったのだけれど・・・。(マナカドゥ村)

ニュースをちらりと見るだけで、地震と津波の被害が各地で甚大なのだということが分かる。
死亡者の数も毎日更新されて、どんどん大きくなっている。
私の知り合いも、何人か命を落とした。
各地のニュースが、死亡者数や被害の大きさで、悲惨さを争っているようにさえ思える。
ともすれば、自分もジャフナの被害状況を、他と比較して語ってしまいそうだ。

しかし、そんな比較は全く意味のないこと。
地震や津波の被害をたまたま被った地域はみな、同様に辛い状況にある。

また、亡くなった方々が大勢いる一方、生き残った人々も大勢いる。彼らは、これから、崩壊した村や地域を再建していかなくてはならない。それはとても気力と時間のいる作業だろう。

津波が起きてから6日目、キャンプに避難した人々は、生き延びたことを喜び、亡くなった家族や友人を想って悲しんでいる。そして、少しずつ、家の様子を見るために、一時的に村に戻る人々が出てきた。
[PR]
by imanariayako | 2004-12-31 23:14 | Tsunami
大晦日
b0011956_22142455.jpg

どんな波ならこうなるの?

マナカドゥというジャフナ東海岸にある漁村で撮影したもの。
現在マナカドゥを含む東海岸沿いにある漁村の住民たちは、内陸にある小学校などの公共施設に避難している。
[PR]
by imanariayako | 2004-12-31 22:22 | Tsunami