スリランカ北端、ジャフナ諸島の生活日録。
by imanariayako
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Let's bake.
日曜日。
今日はUNHCRの友人、Billyとパンを作ります。
娯楽の少ない環境に住んでいると、何かを自分で作ることが娯楽の一つになってくる。

パンは、簡単なものだったら、こねて寝かせて焼けばできるので、けっこう楽。東京にいる時はこういう休日の過ごし方はなかなかしなかったな。友達が作った、レベルの高いおいしいお菓子を、主にご馳走になりに行くっていう休日はたくさんあったけど。

何パンを作ろうかな・・?かぼちゃパンは前にやったし。
庭でとれたバナナが余ってる。パンはやめてばななケーキにしようかな。
[PR]
by imanariayako | 2004-11-28 11:43 | 平凡日記
9時間の差
b0011956_21481355.jpg
(photo: スリランカ航空の国際便)

今日はコロンボから飛行機で帰ってきました。
前は、車で10時間かけて、スリランカ軍とLTTEのチェックポイントを通り抜けて、やっとのことでコロンボへ出る・・・という陸路の旅をよくやっていた。
でも、たった1時間でジャフナからコロンボまで飛べてしまう空の旅の快適さを知ってしまうと、もういけません。
*
50席ほどの小型ジェットでひとっとび。
機内では、あまーい果物ジュースと(慣れれば)おいしいカレーパンが出ます。
最近は国内線会社のサービスも良くなって、10回飛べば1回タダ!なんて、分かりやすくて素晴らしいVIP対応も。
また、眼下に広がる景色を楽しむのも空の旅の醍醐味の一つ。
スリランカという島の美しさに目を奪われます。
[PR]
by imanariayako | 2004-11-26 21:49 | スリランカのこと
HATAAL
先週金曜(19日)に、ポイントペドロ(ジャフナ県の北東に位置する海沿いの町)付近でサッカーをしていた若者2人が、バイクで突然乱入してきた男性に射殺されるという事件があった。その事件が引き金となって、20日にはジャフナ全域で大規模なストライキが行われた。

私は20日の朝、ジャフナ県内の小島上にあるVelanaiという村に用事があり、ジャフナ市内を出ていた。今週末は、コロンボから友人のSteveが仕事半分・遊び半分でジャフナに来ている。

午前11時頃、Velanaiからジャフナ市内に戻る途中、その島と本島とをつなぐ道を走っているとき、ジャフナ市方面から煙が上がっているのが見えた。その時、UNHCRの友人から携帯にメールがはいった。メールは、市内がHARTAAL状態にあることを知らせ、全団体に活動を最小限に抑えるよう注意を促していた。HATAALというのは、ヒンドゥ語で”Politically-motivated strike”、つまり「政治的要素の強いストライキ」の意味らしい。

市内に入ると、街の至るところでタイヤを燃やすなどして道路が封鎖されていた。家に戻るのに特に問題はなかったけれど、街中おかしな雰囲気。

キリノッチからジャフナに戻ってきたUNICEFの友人によれば、キリノッチ-ジャフナ間のA9ロードはさらに厳重に封鎖されており、武装したスリランカ国軍とタミル住民が向かい合い、かなり緊迫した空気だったという。

また、一般車両は全て通行禁止となり、バスの乗客たちなどはバスを降りて徒歩でチェックポイントからジャフナまで向かったということ。

ローカルニュースや、タミル人住民の話では、昨日の事件で2人の若者を射殺したバイクの男性は、スリランカ国軍の制服を着用しており、事件にスリランカ国軍や警察が関与していた可能性があるという。また、LTTEは、今日のストライキに関して「一般市民が自主的に行っているもの」としてLTTEの関連を否定している。

事件の背景については、様々な憶測が流れているけれど、国連や赤十字、NGOスタッフの間では大体の見方は一致している。ただ、確実でない上に、政治的に危うい内容なので、ジャフナに住んでいるうちはここでは書けないのが残念。
*
夕方には、市内の道路封鎖は解かれ、いくつかの店もシャッターを開け始めた。随分リラックスした雰囲気に。

夜は、Steveと夕飯を作って食べた。
メニューはナスとチーズのペンネパスタと、庭で育てているバジルを使ったバジルとトマトのサラダ。

街は一日不穏な空気だったけれど、家の中で過ごしている分には、幸せでのんびりしたいい一日だった。
[PR]
by imanariayako | 2004-11-22 20:38
Rainy Season
b0011956_2271650.jpg

10月初めから本格的な雨季に入りました。
街にいると、日本の梅雨とそんなに変わりないような気がします。
一日中ざーざー降ることもあれば、ぱらぱら降るだけの日もあり。
スリランカ南部は洪水で大変みたいですが、
ジャフナの街は水位がちょっと上がった程度。

でも村に入ると、
乾季には子供たちがサッカーやクリケットをしていた広場が
池になっていたり、床上浸水したり、雨季被害で大変です。
水の中に村があるようなかんじです。
洗濯物も乾きません。

それから、動物とか昆虫の大量発生もこの時期の見もの。
子犬、子ウシ、子ヤギ、カエル、子ヤモリ・・。
どこへ行っても小さいのでいっぱい。
最近は、アリの大量発生におびえています。

雨季は1月くらいまで続く模様。
[PR]
by imanariayako | 2004-11-08 22:14 | ジャフナ雑感