スリランカ北端、ジャフナ諸島の生活日録。
by imanariayako
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HATAAL
先週金曜(19日)に、ポイントペドロ(ジャフナ県の北東に位置する海沿いの町)付近でサッカーをしていた若者2人が、バイクで突然乱入してきた男性に射殺されるという事件があった。その事件が引き金となって、20日にはジャフナ全域で大規模なストライキが行われた。

私は20日の朝、ジャフナ県内の小島上にあるVelanaiという村に用事があり、ジャフナ市内を出ていた。今週末は、コロンボから友人のSteveが仕事半分・遊び半分でジャフナに来ている。

午前11時頃、Velanaiからジャフナ市内に戻る途中、その島と本島とをつなぐ道を走っているとき、ジャフナ市方面から煙が上がっているのが見えた。その時、UNHCRの友人から携帯にメールがはいった。メールは、市内がHARTAAL状態にあることを知らせ、全団体に活動を最小限に抑えるよう注意を促していた。HATAALというのは、ヒンドゥ語で”Politically-motivated strike”、つまり「政治的要素の強いストライキ」の意味らしい。

市内に入ると、街の至るところでタイヤを燃やすなどして道路が封鎖されていた。家に戻るのに特に問題はなかったけれど、街中おかしな雰囲気。

キリノッチからジャフナに戻ってきたUNICEFの友人によれば、キリノッチ-ジャフナ間のA9ロードはさらに厳重に封鎖されており、武装したスリランカ国軍とタミル住民が向かい合い、かなり緊迫した空気だったという。

また、一般車両は全て通行禁止となり、バスの乗客たちなどはバスを降りて徒歩でチェックポイントからジャフナまで向かったということ。

ローカルニュースや、タミル人住民の話では、昨日の事件で2人の若者を射殺したバイクの男性は、スリランカ国軍の制服を着用しており、事件にスリランカ国軍や警察が関与していた可能性があるという。また、LTTEは、今日のストライキに関して「一般市民が自主的に行っているもの」としてLTTEの関連を否定している。

事件の背景については、様々な憶測が流れているけれど、国連や赤十字、NGOスタッフの間では大体の見方は一致している。ただ、確実でない上に、政治的に危うい内容なので、ジャフナに住んでいるうちはここでは書けないのが残念。
*
夕方には、市内の道路封鎖は解かれ、いくつかの店もシャッターを開け始めた。随分リラックスした雰囲気に。

夜は、Steveと夕飯を作って食べた。
メニューはナスとチーズのペンネパスタと、庭で育てているバジルを使ったバジルとトマトのサラダ。

街は一日不穏な空気だったけれど、家の中で過ごしている分には、幸せでのんびりしたいい一日だった。
[PR]
# by imanariayako | 2004-11-22 20:38
Rainy Season
b0011956_2271650.jpg

10月初めから本格的な雨季に入りました。
街にいると、日本の梅雨とそんなに変わりないような気がします。
一日中ざーざー降ることもあれば、ぱらぱら降るだけの日もあり。
スリランカ南部は洪水で大変みたいですが、
ジャフナの街は水位がちょっと上がった程度。

でも村に入ると、
乾季には子供たちがサッカーやクリケットをしていた広場が
池になっていたり、床上浸水したり、雨季被害で大変です。
水の中に村があるようなかんじです。
洗濯物も乾きません。

それから、動物とか昆虫の大量発生もこの時期の見もの。
子犬、子ウシ、子ヤギ、カエル、子ヤモリ・・。
どこへ行っても小さいのでいっぱい。
最近は、アリの大量発生におびえています。

雨季は1月くらいまで続く模様。
[PR]
# by imanariayako | 2004-11-08 22:14 | ジャフナ雑感
海の男の心配事
ご無沙汰でした。
最近、11月に実施するトレーニング・プロジェクトの準備その他で忙しい毎日です。
このトレーニング・プロジェクトは、私たちの団体にとってはスリランカで初めて、私にとってはプロジェクト・マネージャーとして手がける初のプロジェクトになるので、否が応でも気分は盛り上がっています。

このプロジェクト、ジャフナの漁師数名を、他の国に連れてゆき、数週間の研修を行うというものなのだけれど、準備の段階で既にいろいろあって、おもしろかった。

まず、国外に出るためにはパスポートを準備しなくちゃならない。
スリランカのジャフナの漁村でパスポート取得済み人口はかなり小さいに違いない・・と踏んでいたけれど、けっこういました、パスポート持ってる人。イタリアに出稼ぎに出てたからさー、とか、ちょっと中東で仕事してたこともあったからねぇ、とかいう海外経験者(しかも長期滞在)はけっこう漁村にも多い。

でも、今回選ばれた参加者の内2人はパスポートを持っていなかった・・ので、早速コロンボのパスポートセンターへ。

この2人の漁師は、不思議な力強いオーラを持っている人たちで、他の漁民だけでなくLTTEや漁業省の役人からも一目置かれている。堂々とした海の男たち。私も、この2人といると気持ちが安定して、プロジェクトがうまくいきそうな気がしてくる。お腹は相当出ているが、2人とも腕の筋肉がたくましくて、優しい笑顔が印象的。

しかし、この2人にはプロジェクトに対して一つ懸念があった・・・。

コロンボ行きの途中でご飯を食べているときのこと。
1人の漁師さんが何か言いたそうな顔をしてもじもじしていた。あんまりもじもじしていたもんだから、気になって聞いてみると、かなり切羽詰った様子で、一言。

「ズボン、買わなきゃいけないかな。」

え?

「生まれてこのかた、ズボンをはいたことがないんだけど、飛行機乗るならズボン必要かな。」

・・・私は感激した!!まるでやらせみたいな台詞ですが、事実です。
そっかーズボンを履いたことがないのかー。そっかそっか。
ジャフナの漁師の多くは、普段ヴェーディと呼ばれる巻きスカートのようなものか、サロンと呼ばれる筒状に縫ってある布を下半身に巻いています。上はシャツを羽織ったり、家だったら上半身裸だったり。フォーマルな場には、白いヴェーディと白いシャツでばっちり上下を白に統一するのが一般的みたいです。
若い漁師は、けっこうスポーティーな単パンとか履いていたりする。
私とタミル人のアシスタントは、その白いフォーマル着なら、どこにいっても本人たちが恥ずかしい思いをすることもないと判断。
ズボン購入の必要なし!
と告げました。でも、
これを機に買いたければ、人生で一度くらい履いてみるのもいいんじゃない?
と言ってみたら、それもいいかも!と嬉しそうでした。

よかったよかった、不安要素が一つ減って。
[PR]
# by imanariayako | 2004-10-26 22:55 | NGOのお仕事
スタッフ紹介①
b0011956_2394250.jpg(Photo: whittling Coconut)
うちに料理やお掃除をしにきてくれている、Vasanthyです。いわゆるメイドさんです。私がメイドを使うことになるとは思わなかったなぁ・・。スリランカでは、メイドという仕事が今も一般的に存在していて、特に夫を戦争でなくしたり、離婚して独り身になった女性たちがこの仕事に就いているようです。彼女としては、NGOでのメイドの仕事は給料も他に比べていいし、他の仕事に比べたら楽なので、けっこう気に入っているみたいです。

英語はほとんど分からないけれど、勘がよくて、すぐ私のいわんとしていたことを察してくれるので助かっています。

彼女の作るロティ(ココナッツ入りのスリランカ風パン、チャパティに似ている)は絶品!紅茶もおいしい。でも、サフラン入りコーヒーが出てきたときにはびっくりした。カレー味の薄いスープみたいな味だった・・・。
[PR]
# by imanariayako | 2004-10-06 23:08 | NGOのお仕事
Hung..
b0011956_11553923.jpg(photo: pretending to fly like a bird)
The guy was hung with hooks in the Festival of Kaatukovaram..! He was holding a baby under his chest, and a women, supposed to be his wife, was walking by him. When I took this photo, he looked straight at camera and smiled little bit.. Thank you.
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-29 12:11 | ジャフナ雑感
Moved into new house
b0011956_1416513.jpg(photo: fixing a water heater in the bathroom)
事務所と住居を引越しました!いやぁ、大変だった・・・。何が大変って、電話を引くのが。めんどくさいのなんのって。

こっちではSLT(スリランカ・テレコム)という電話公社が国内最大の電話会社で、電話を持っているほとんどの人がこのSLTを使っている。でも最近は、Sun Telなど新しいプライベート電話会社がじわじわ顧客数を増やしている。Sun Telは、SLTより電話線を引く値段が高いらしいのだけど、それでも勢いがいいのは、SLTのサービスの悪さに国民が辟易しているからに他ならない!と私は思う。

今回、電話を頼んでから引くまでに2週間かかった。2週間というのは、NGOへの特別対応で、スーパー速い例。一般のお客さんは数ヶ月から一年以上も待ったりするらしい。しかし、なぜそんなにかかる・・・。
ジャフナ市の外れにそびえ立つ、ジャフナタワー(電波塔)のすぐ下にSTLのジャフナ事務所がある。
お客様窓口にいるベテランの女性は、日本人の女の子を気に入って、しかもNGOということで、すぐに行動に移ってくれた。その時彼女がうれしそうに言った。「もうね、一般の人たちには電話ラインをあげないことにしてるの。NGOは特別!」・・・えっ。なんで一般の人にはあげないの・・・お金払って買ってるのに・・・ビジネスじゃないの・・・さっぱり理解不能。
理由を聞いたところによると、もうすでに電話申込者のリストがいっぱいで、対応しきれないからだとか。
その対応しきれない、の意味はすぐにわかった。

申し込んでから、一週間くらいなんの音沙汰もなかった。忘れてるんじゃないか?とSLTに電話をすると、「それだったら、XXXXの番号にかけて」、そっちにかけると「それならOOOOだよ」、次は「ハローハロー、ああ間違い電話か」で、がちゃん。もう一回同じ番号にかけて、今度はタミル人のスタッフにタミル語でまくしたててもらう。話は通じたけれど、「じゃあ、OOXXにかけて」。・・・埒があかない!!!そうこうしているうちに午後4:00を過ぎた。こうなるともう、電話はつながらない。終業時間は異様に早いのだ。
次の日、もう直接SLT事務所へ直訴に行くことにした。直談判で話をすれば、多少は早いはず。お客様窓口から流されて、会計担当へ。会計担当の女性は、ものすごく手持ち無沙汰な様子なのに、のんびりと「今日はもう午後だし時間がないから、明日来て。」と午後2:00に言った。
この調子で、家の場所確認、ライン設置作業、信号音発信作業、と・・・担当者のお尻を叩きながら、なんとかかんとか設置してもらった。その間、すっかりSLT事務所の年配女性スタッフと顔見知りになり、ジャフナのお薦めサリー生地ショップを教えてもらったりもした。わぁい。
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-26 14:17 | 平凡日記
はいこちらです~
ジャフナのICRC(国際赤十字)で働くFredが立ち上げたリンクだけのウェブサイトThiswayplease。リンクしているHPは、ニュース、旅、音楽、映画、写真、小説、作家宗教哲学雑誌・・・ブラブラブラ~とバラエティに富んでいます。しかも、紹介されているどのHPも面白い。新しいお気に入りページを発見するかも。
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-16 18:13 | 平凡日記
ヒンドゥー寺院のお祭り騒ぎ
ジャフナのNallur(ナルーア)寺院は、ヒンドゥー教の神様シバを祭った、スリランカ3大ヒンドゥー寺院のひとつ。現在、そのNallur寺院で、年に一度のお祭りが盛大に行われている。

・・・21日間も、続くんですよ、このお祭り。

海外から国内から、大勢の人がこのお祭りに参加するためにジャフナを訪れ、この時期はジャフナの人口密度がぐんと高くなるらしい。お祭りの期間中は、毎日、夕方頃からたくさんの人がNallur寺院に向かってTemple Road(お寺通り)と名づけられた長い通りを歩いて行く。

お祭りとなると、人の血が騒ぐのは万国共通。若い男の子たちが妙にはしゃいで、やけに気合の入った変な柄のシャツとか着てたむろしている光景も、ふるさと埼玉の地元の祭りを彷彿とさせるものがあった。女の子も、きれいなサリーを着てばっちりおしゃれしている。

私も昨日、お祭りに行ってきました。実は、そこで、すごいものを見ちゃったんですよ・・・。
お祭りでは、派手な電飾でNallur寺院がライトアップされ、寺院の周囲で様々なイベントが進行していました。ヒンドゥー音楽ライブや、映画上映なんかも行われていて、「みんな楽しそう、祭りっていいねー」とほのぼの気分でいたところに、その気分を凍りつかせる、例のものが目に入ってきたのです。
それは、宙に浮く人間神輿・・・。
装飾が施されたお神輿を人が担いでいる、というところまでは日本の神輿と似ているのですが、そのお神輿の上の方に、何人か生身の人間がぶら下がっているんです。しかも、みんなスーパーマンか鳥かってくらいに地面と水平に体を伸ばし、手を上下に動かしている。体も上下に揺れている。でも、まだそれだけならよかった。その人たちが紐かなにかを体に巻いて宙吊りになっているなら、わー面白い、で終わる話だったんです。でも・・・

「これは、前にも見たことがあるな。まさか。」

嫌な予感がしました。でも、悪い癖の恐いものみたさで、あえてじっと目を凝らしてその人たちを見てみたら、やっぱり。魚釣り用の大きめの釣り針で、背中と足裏の皮膚を数箇所釣って、持ち上げられているんです・・!イタイイタイ!!(写真は、Billy’s Blogにて公開中。8月21日の日記を参照のこと。)
釣り針が刺さっているだけでも痛いはずなのに、その4箇所くらいの針で自分の体重を支えるなんて、考えただけでも鳥肌が。しかし、釣られている本人たちは、それほど痛そうな顔をしていないところがすごい。何人かは薄く笑ってるし(キョワイ)。

見ている人たちも、むしろ、神輿にショックを受けている外国人の方が気になっちゃってるくらい、宙釣り神輿に慣れきっている。ちょっとー、見てあげなきゃー。
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-15 17:45 | ジャフナ雑感
A FAMILY IN BAGHDAD
A Family in Baghdad

BillyのBlogで紹介されていたブログ。イラクからの生の声。ブログって世界をつなぐわ。
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-11 11:43 | 考える、考える
お名前
初めて出会ったジャフナ・タミル人の知り合いは、A. Navaratnaraja、という名前だった。ナヴァラトナラージャ。なんか・・長いなー・・・と思いつつも、彼の名前はリズムがあってなんとなく覚えやすかった。でも、N. Shanmugaratnam(シャンムガラトナム)とか、Ruthiralingam(ルディラリンガム)とか、5音以上の名前が続くと、どうも覚えられない名前もでてくる。Balachandran(バーラチャンドラン)とBalakurishnan(バーラクリシュナン)なんて、頭一緒なのにー。K. Poonachandram(プーナチャンドラン)とか・・この名前は、「プー」が印象的でなんとなくすぐに覚えられたけれど。中には短くても覚えにくいものもある。

こういう名前はヒンドゥーの神様の名前に由来していて、こういった名前を持つ人はヒンドゥー教徒かそうでなければ親がヒンドゥー教徒らしい。ジャフナはカソリック教徒人口も多くて、カソリック教徒はJosephとかStephanだとか、すぐにそれと分かる名前をもっている。改宗する例も多いから、その人の宗教が名前で分かるわけではないけれど、少なくともその人の親の信仰は名前から読み取れる。

面白いのは、男性の名前は「父親の名前」「自分の名前」という順序で名前がついているのに、女性は「自分の名前」「父親(夫)の名前」という順序で名前をつけるということ。例えば・・

K. Thiyagalingham(男): K(=父親の名前のイニシャル)+Thayagalingham(=彼の名前)
Gnana Sivapathasundaram(女): Gnana(彼女の名前)+Sivapathasundram(=彼女の名前)

・・ということらしい!驚きの真実。女性の名前は比較的短いものが多い。それにしても、彼女の夫の名前は記録的に長いです。

(Photo: 浜辺でお絵かき)
b0011956_12215947.jpg
[PR]
# by imanariayako | 2004-09-09 12:20 | ジャフナ雑感