スリランカ北端、ジャフナ諸島の生活日録。
by imanariayako
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
漁村の帰り(過去の日記を一気にアップしてます2)
【7月30日】
朝5時、爽快に目覚めた。ジャフナに来てからというもの、平気で9時間くらい眠るようになっているから、目覚ましなしで5時に起きられるなんて珍しい。
でも、今日はずっと体がだるい。

午前中、Potpathyというジャフナ東海岸の村を訪問。プロジェクトを予定しているManatkadu漁村のお隣さん。
Potpathyの漁協は、会計係りはいるし、代表の考えも明確だしで、意外としっかり運営されているらしい。へー。

絵を描くことばかり考えながら、帰路につく。
この前コロンボに行った時、画材を買い込んできたのだ。むふふ、楽しみ。
[PR]
# by imanariayako | 2004-08-15 22:35 | NGOのお仕事
じゃふろぐ、始めました。(過去の日記をいっきにアップしてます1)
b0011956_22305045.jpgJaffnaに住み始めて3ヶ月になる。早いなー。
仕事の関係で住むことになるまで、興味も関わりもなかったこの国・この土地ですが、すぐに気に入りました。
ご飯はおいしいし、トロピカルフルーツは盛りだくさん。人も付き合いやすいし、UNとかICRC(国際赤十字)、他NGOのスタッフも、面白い人が多い。
海が近くて、いつでも泳ぎにいけるし・・・。かなり理想に近い生活してるなー。
給料は安いが、そんなことはどうだっていいのだ、ぞ、と自分に言い聞かせる。
実際、日本でこんなに仕事もプライベートも自由でいられることなんてなかなかないもんね。家も与えられてるんだから、幸せだ。

(photo: うちの前を通りがかる牛)
[PR]
# by imanariayako | 2004-08-15 22:34 | 平凡日記